十六日桜(じゅうろくにちざくら)

科名:バラ科

属名:サクラ属

御幸1丁目の天徳寺境内と桜ヶ谷の吉平屋敷跡にある、ヤマザクラの早咲きの品種。旧正月16日ごろに開花するというので、この名がある。寛保3(1743)年出版の菊岡占涼著『諸国俚人談』に出ているほど古くから有名であり、伝説は種々であるが、小泉八雲が『孝子桜』として世界に紹介したのでよく知られるようになった。この地に住み、長く病床にあった父が桜の花を見たいと願うので、子の吉平が庭の桜に祈ったところ、寒中の1月にもかかわらず16日に花が咲いた。この奇跡によって老父は以後長寿を保ったという伝承である。十六日桜の古いものは戦前山越の龍穏寺にあったが、戦災で焼け枯死した。現在、前記2ヵ所のものは、龍穏寺からの株分けが元であるといわれているが、花期も遅く、初代の十六日桜の形態を保ったものではなく、実生による変異品種のようである。(松山市指定天然記念物解説より)