嵯峨菊 嵯峨菊は嵯峨天皇の御代、大沢池の菊ケ島に自生していた嵯峨野独特の野菊を、永年にわたって王朝の気品ある感覚をもって洗練し「天、地、人」の微妙な配置に仕立て上げた、格調高い菊である。古典菊の精華、嵯峨菊は1鉢に3本仕立て、草丈は殿上から鑑賞するのにちょうどよい高さの約2メートルに仕立てる。花は先端が三輪、中程に五輪下手に七輪と、七、五、三に。葉は下部を黄色、中程は緑、上の方は淡緑というように仕立て、春夏秋冬をあらわすことになっている。花弁は平弁で、54弁。長さは約10センチが理想とされ、色は嵯峨の雪(白)、右近橘(黄)、小倉錦(朱)、藤娘(桃)などの淡色が多く、あまり混植をしない。(大覚寺)

(監修:小笠原左衛門尉亮軒)


色競

色自慢

移し心

喜撰

麒麟冠

黒主

御所紅

小町紅

金剛力

嵯峨の秋

嵯峨の庵

嵯峨の声

嵯峨の小町

嵯峨の桜

嵯峨の宝

嵯峨の司

嵯峨の錦

嵯峨の光

嵯峨の雪

嵯峨の夢

太白星

田毎の月

立田山

月の桂

月の光

奈良遊

初瀬山

遍照

皆瀬川

康秀

嵯峨の泉

嵯峨(275)