愛知豊明花き市場は、公式に登録された植物園です。「愛知豊明花の文化園 とび出す植物園」園内にある花と木を紹介します。

古典菊

愛知豊明花の文化園では、小笠原左衛門尉亮軒先生監修のもと、古典菊(伊勢菊・江戸菊・嵯峨菊・肥後菊)の栽培を行っています。

愛知豊明花の文化園には、いろいろな桜が育っています。それらのうち、いくつかをご紹介します。

愛知豊明花の文化園の生花流通棟の北面は、7種の藤とムベの蔓に覆われた壁面緑化帯となっています。

愛知豊明花の文化園では蓮や睡蓮の栽培をしています。夏至の頃になると一番花が咲き始め、小暑のあたりからは開花のピークを迎えます。その一部をご紹介します。

クレマチス

愛知豊明花の文化園では立夏の頃からクレマチスが咲き始めます。その一部をご紹介します。

ギボウシ

愛知豊明花の文化園では、平成21年春にエントランスサブガーデンをリニューアルしました。今までの植栽内容を生かしつつ、新たに42種のギボウシを植え込みました。現在は46種のギボウシがすくすくと育っています。

ツワブキ

愛知豊明花の文化園にはツワブキもあります。その一部をご紹介します。

コニファー

愛知豊明花の文化園にはエントランスメインガーデンをはじめ、敷地内各所に多種のコニファーを植栽しています。その一部をご紹介します。

寒牡丹

愛知豊明花の文化園の正門横ゲートサイドガーデンには寒牡丹が植えられています。その一部をご紹介します。

かきつばた

愛知豊明花の文化園では平成23年春、かきつばた育種の大家、古橋氏からかきつばたの開花株約60種を譲り受けました。かきつばたの持つ清楚な色のバラエティーをご覧ください。

牡丹

愛知豊明花の文化園の正門横ゲートサイドガーデンには多数の牡丹が植えられています。その一部をご紹介します。